旅行目的地としてのブランドについて

外国人旅行者が現実的に旅行目的地としての候補の中に入るには、その国に対するイメージや、実際に訪問した際に訪れる場所など具体的にイメージができていることが大事で、且つ複数のイメージを持っていることが望ましいそうです。

複数のイメージを持ってもらうことで、あそこにはあれも楽しめる、これもあるという訪問するメリットの多さに直結していくそうです。
そして、それだけ行く価値のある場所ということになります。
多くの人たちの中に他の地域との間に明確な違いがありイメージが定着されていることが旅行目的地としてのブランドにつながります。

形のない商品である旅行は事前に性能を確認することが不可能な商品です。実態のあるものであれば試してみたり、実物を見たり、通販であっても商品の画像や、商品の情報を見て納得したうえで購入しますが、旅行はそういうわけにはいかないかと思います。
現地のガイドブックや画像、口コミは見れても地域全体を見ることはできません。
自分の中で信頼できる情報を頼りにして最初の訪問を行います。

旅行訪問地としてのブランド構築に熱心に取り組むことは旅行者に対してその訪問地で得られる体験やメリットを事前にイメージしてもらうことが非常に重要になります。

日本も経済大国や技術立国としてのイメージだけでなく、旅行訪問地としてのブランドをより強力構築していく必要があります。そのために政府、民間企業、地域などがそれぞれ協力しあっていかなければならないでしょう。

国際的に競争力のある訪問地となるには集客可能な魅力の層を厚く備え訪問の回数に合わせて段階的に楽しめるような奥深さが必要かと思います。
同時に初めて訪問した旅行客に対して、また来たいと思ってもらえるような経験を提供することも重要かと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *