国際競争力の高い観光地域の形成について

国内外から選ばれる魅力的な観光地域の形成のために、地域を総合的にマネジメントしていくための司令塔的な組織を地域が自ら作り上げていくことを国を挙げて支援していく必要があるそうです。

こういった組織は、その地域の資源を効果的に活用して観光振興によって地域経済の活性化をめざす事が求められます。
そのために、あらゆるデータを収集・分析を行い、目指すべき観光地のビジョンとその達成のための戦略を決めなければいけません。

東京五輪開催までにこうした組織を増やすべく政府も人材の育成や、金融支援や関係政府機関が支援を積極的に行い、世界基準の司令塔組織が育っていくことが期待されているとのことです。

また、観光ルートを世界水準の改善してくことも求められており、外国人旅行者が集中している地域以外への地域への誘客を促進する施策も重要視されています。

地方への誘客に対して具体的なテーマやストーリーのあるルートづくりを行う司令塔組織に対しては、関係省庁が認定を行い、施策を集中的に投入し総合的に支援を行っているそうです。
現在認定されているルートで、日本全国を網羅できるだけでの認定ルートが整っているとのことです。

また、案内表示に関しても多言語での対応が強化されてきています。
しかしながら、外国人には理解が難しい、いわゆる和製英語で表記されていたりすることから、外国人目線での整備が重要視されています。

そして、今後はIR推進が非常に重要視されており、こういった統合型リゾートは近隣諸国でも大きな成果を上げていることから日本においても大きな効果が見込まれていますが、カジノをはじめとして、犯罪への対策など様々な議論や法整備が必要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *