観光立国推進基本法の概要について

日本政府による観光振興に対する取り組みを行うにあたっては、議員発議によって全会一致にて成立した観光立国推進基本法に基づいて実施されているということです。

この法律が成立したころは政権交代が起こったころと重なっておりますが、この観光振興に関する分野に関しては政権交代前と同じように政策の重要分野として扱われたそうです。

この事からも、観光振興の分野はこれからの日本において重要な政策であることが明確にされました。

この法律の目的は、観光立国の実現のための基本的な理念を定め、国や地方の公共団体の責務を明らかにし、施策の基本事項を明示する事と第一条で定められています。

第二章においては、基本的な観光立国の実現に対する方針や目標や計画期間五年間の中で、政府が総合的に講ずるべき政策や達成するべき目標を掲げることとされています。

なお、この計画の策定は閣議に手決定がなされ、その進捗状況や達成度の評価を行い、新たな経過鵜につなげていくこととなるそうです。

第三章では、基本的な施策が列挙されており、観光地や観光産業の国際競争力の強化や人材の育成、観光振興、観光旅行の促進のための環境整備が柱となっています。
この基本計画によって講じられた施策は、国会に報告をされ、政府刊行物として書店でも購入できるようになります。

第四章では、こういった施策を講じるにあたって、多様な事業活動から構成され多様な就業の機会の提供が明記されており、国や地域の経済において重要な役割を担っていることに鑑みて国や地方公共団体のみならず民間の事業者や住民に至るまで連携か確保されるように配慮されなければならないと、それぞれの相互協力に関する部分が明記されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *