インバウンドで自社ウェブサイトを活用したい方へ

インバウンドビジネスに自社のウェブサイトを活用していく場合も、サイト構築前に決めておかねばならない事項が多くあります。

まずはどういった情報をウェブサイトに掲載するかも、しっかりと練るべきでしょう。
なんでも掲載すればいいというわけではなく、時には情報量を最低限にして、分かりやすさを優先したほうがいいという場合も存在しています。
ウェブサイトの構築を自分達で行えるならば時間さえあれば随時情報の更新を自分達で行えますが、外部の業者に委託するケースの際はなかなか更新を行えないという場合も存在しています。
『現在の状況と異なる情報がウェブサイトに掲載されっぱなし』という状況は、思わぬトラブルを招いたり、チャンスロスにつながってしまったりすることもあるでしょう。
もし頻繁に更新できない場合、長期的に変わらないと思う情報だけをウェブサイトに掲載しておくほうが無難かもしれません。

ターゲットとなる国や地域に暮らす外国人の方々は、どのようなキャッチフレーズや情報などに魅力を感じる傾向にあるかということも、あらかじめ調べておきたいところです。
どの情報を目立つ位置に掲載するのがよいかという優先順位は、ターゲットとなる層によって異なるでしょう。

また日本人にとっては当たり前のことでも、外国人にとっては非日常の知らない世界であるというのも多々あることです。
適宜注釈や説明を加えたり、表示を分かりやすくしたりイラストを加えたりというのも、ケースによっては必要となるかもしれません。

One thought on “インバウンドで自社ウェブサイトを活用したい方へ

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *