ウェブサイトを構築するポイント

インバウンドビジネスにウェブサイトを活用していく場合、まずはウェブサイトを構築する必要があります。

ただしウェブサイトを構築する場合、ゼロから作るのは形式によっては専門知識がないと厳しいこともあります。
テンプレートの選択・簡単な画像アップ・テキスト入力などだけでそれなりのサイトが作れる、ブログに近いようなウェブサイトも多数存在しているので、こういったものを利用するのもよいでしょう。
もしくは割り切ってある程度予算を割き、ウェブサイト構築を外部業者に委託するという選択肢もあります。この場合は構築時だけでなく、維持・管理にどれぐらい費用をかけられるかというのもあらかじめ決めておかないと、サイト更新が行えなくなる可能性もあるので注意しましょう。

さて、インバウンドビジネス向けのウェブサイトを構築する場合、基本的にはターゲットとなる国や地域の層が使用している言語でのサイト構築をすることになります。

ですが、言語によってはなかなか翻訳が難しい可能性もあるかもしれません。
その場合、まずは英語でサイトを構築しておくというのも、ひとつの手でしょう。
英語というのは、読み書き喋りが可能な方が世界で一番多い言語だといえます。
英語以外の言語を日常的に使用している方であっても英語なら理解できるという方の割合は高いですし、自動翻訳ソフトなどでの翻訳にも対応しやすい可能性も最も高い言語なのです。

また最近ではパソコンではなく、スマートフォンでインターネットを閲覧する方も多くなっています。
そのためサイト構築時にスマホ対応させておくか、別途スマホ対応のウェブサイトを作っておくのも有効となるかもしれません。