外国人観光客を集客するために

【インバウンド】日本を訪れる外国人観光客を集客するために~

JNTO(日本政府観光局)が発表している『訪日外客数の動向』によれば、日本を旅行などで訪れる外国人観光客の数は、2017年度の訪日外国人の総数は、過去最高の2800万人超えを記録していることから見ても、昔に比べて大幅に増えているとみて間違いないでしょう。
2020年には東京にてオリンピックやパラリンピックも開催されますし、しばらくは外国人観光客が増加する傾向にあるのではないかと予想する方も多いようです。

この動きにともなって、日本を訪れる外国人観光客を対象にしたビジネスである『インバウンド』を展開する方や、これからインバウンドを展開していこうと考えている方も増えてきているようです。

インバウンドを展開していく場合、日本人観光客を対象にしたビジネスを展開していくのとは大きな違いが存在しています。
それは、ビジネスの対象が『外国人観光客』であるということです。
外国人観光客は日本と異なる文化圏で生まれ育っている方であるため、『日本で生まれ育った日本人』とは全く違う文化や考え方や習慣などを持っています。

ビジネスを展開していくとなった場合、ただただ自分が良いと思うものやサービスを展開していくだけでは、集客するのは難しいものです。
収益をあげるためには基本的に、対象となる人々に自分達を選んでもらい、満足してもらうということが必要となってきます。
そのためにはまず、対象である『外国人観光客』を理解するのが一番の近道です。
彼らを理解し、その考え方をくみ取りつつサービスを展開することで、インバウンドでの成功事例につなげられる可能性があがってくることでしょう。

ここからは訪日外国人観光客が何を求めているのかを焦点に絞り、簡単にお話していきたいと思います。

外国人が日本を訪れる目的

近年増加している訪日外国人の方々に行ったある調査では、日本を訪れる外国人にはビジネス関係の展示会やミーティングに参加するなどの仕事を目的としている方々、留学や学校での旅行などの学習を目的としている方々などももちろんそれなりにいたようですが、最も多かったのは『観光・レジャー目的』で日本を訪れている方々、つまり観光客だったのだそうです。

観光客とひとくちにいっても、人によって楽しみにしているものは異なってきます。
とはいえ、客層によってある程度は目的としているものおよび、日本滞在中の動向の傾向が分かれてくるようです。

例えば中国などをはじめとするアジア圏から訪れる観光客は、大人数の団体客が最も多いのだそうです。
日本を訪れる団体客は基本的に、定番の観光地や人気の観光スポットを巡っていくツアーに参加していることが多いと言われています。
ただし定番の観光スポットといっても、必ずしも私たち日本人がよく知っている場所だけとは限りません。
海外のガイドブックやSNSや口コミなどでは、日本で知られていない店やスポットなどが人気となっていることもしばしばあり、私たちにとって意外な場所が定番とされていることだって珍しくないのです。
定番ツアー以外にも、何らかのマニア層などに向けてのディープなツアーや、他のツアーと差別化を図るような個性的なツアーも様々企画・開催されているようです。

もちろんアジア圏からは団体客以外にも、少数個人の観光客も多く日本を訪れています。
そしてアメリカなどをはじめとする欧米諸国からの観光客の大半は、個人客での訪日が多いとのデータもあるようです。
個人客の場合はツアーに参加している団体客よりも行動の自由度が高いこともあって、定番スポットだけでなく普通はあまり外国人が訪れないような場所も訪れているという方も多いようです。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリー